お腹の中でへその緒が巻きついていた息子の体内記憶とは??

息子を出産するとき、いい陣痛はきているものの、なかなか下に降りて来なかったんですよね。私がつらかったのは、どれぐらい子宮口が開いているか、助産師さんやお医者さんに手を突っ込まれることでした(笑)これが痛いんですよね~。

 

陣痛の痛みが来ているのに、手も入れられて、もう色々痛すぎてパニックでした。子宮口が全開になり「いきんでいいよ!」と言われても初産で踏ん張り方もよくわかりませんでした。私は毎日快便なので(笑)便秘で踏ん張る感覚がよくわからないのです。陣痛はマックスに痛い。でも踏ん張れない…。

 

赤ちゃんが苦しいから、早く産まなきゃ!とは思うのに、なかなか出てこない。お医者さんが「お母さんのお腹押すからね!一緒に呼吸合わせてね!」と。「ヒィヒィフゥー!!」のタイミングで、お医者さんが私のお腹に握りこぶし2つ作って、ものすごいチカラでゴリゴリ押している!!ものすごく痛い!!でも出さなきゃいけない!!

 

何度も何度も、お腹をゴリ押しするお医者さんと息を合わせて、「もう赤ちゃん出るよ!」「フッフッフーって呼吸して~」と助産師さんに言われ、「ドュルリン」やっと出たぁー!!無事、元気な赤ちゃんが誕生しました。しかしお医者さんがびっくりした様子で、「へその緒が首に2回転半、しかもひも結びになってたよ。初めて見たよ。よく赤ちゃん無事だったね。」と…。

 

へその緒が巻きついていたから、赤ちゃんは下に降りて来れなかったようでした。その息子が3歳になった時に、突然ごはんを食べながら、「ママのお腹の中でマフラー巻いてた。」と言い出したことがありました。私はなるほど…これが体内記憶かとゾッとしました(笑)

 

AFC ストレッチマーククリーム

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です